サブスクリプションプランをダウングレードするとどうなりますか?

下位サブスクリプションプラン(下位有償プランまたは Free プラン)へはいつでもダウングレードできます。 ダウングレードすると、お客様の Space 組織に次の制約が適用されます。

  • リソース制限(計算クレジット、ストレージ、データ転送量)は、新しいプランの内容に設定されます。

  • Free プランにダウングレードすると、検索可能なメッセージ件数の制限が再適用されます。

  • Free または Team プランにダウングレードすると、アプリケーション数/統合数の制限が再適用されます。

  • 高度な機能の使用可否は、新しいプランに合わせて調整されます。

  • 上位サブスクリプションプランの高度機能を使用して永続的なエンティティを作成した場合、新しいプランにその機能が含まれていない場合でも、この機能を使用し続けることができます。 たとえば、以前のプランでカスタムロールを作成した場合、ダウングレード後もそのカスタムロールを使用し続けることができます。ただし、そのカスタムロールを編集したり、新しいカスタムロールを作成したりすることはできません。

  • ダウングレード後に(Free プランの検索可能なメッセージ数制限の理由などで)使用できなくなる情報はすべて保管されます。有償プランにアップグレードすると、それらの情報は復元されます。
5人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Have more questions?

リクエストを送信