ライセンスオプション

JetBrainsアカウント

組織のライセンスがユーザーに割り当てられると、割り当てられたユーザーは、製品を登録するためにJetBrainsアカウントを作成、または既存のアカウントを使用する必要があります。 エンドユーザは、割り当てられたライセンスの一覧をJetBrainsアカウントウェブサイトから確認できます。

個人のお客様が所有しているライセンスは、JetBrainsアカウントウェブサイトに表示されます。 アカウントのライセンスを表示するには、ユーザーは、以前の購入に使用したEメールに関連付けられたJetBrainsアカウントの権限を持っていること、もしくはJetBrainsアカウントを購入時に手動で関連付ける必要があります。

アクティベーションコード

法人ライセンスのユーザー、または個人ライセンスの所有者は、「Download activation code」リンクを使用して、JetBrainsアカウントウェブサイトからアクティベーションコードを取得できます。 JetBrains Product Pack for Studentsでは、このライセンスオプションはご利用いただけません

Legacy License Key(レガシーライセンスキー)

2015年11月2日以前にリリースされたバージョンのレガシーライセンスキーは、ライセンスを割り当てられたユーザー、または個人ライセンスの所有者がJetBrainsアカウントウェブサイトで取得できます。

注意: All Products Pack、ReSharper Ultimate + Rider、または dotUltimate の既存のライセンスに対し、レガシーライセンスを生成するには、JetBrains 営業チームにご連絡ください。



59人中19人がこの記事が役に立ったと言っています

Have more questions?

リクエストを送信