サブスクリプションベースのライセンスモデル対 永久ライセンスモデル

サブスクリプションベースのライセンスモデルでは(2015年11月2日以降):

月間購入の場合:

サブスクリプションが有効な限り、すべてのリリースに対する使用権が付与されます。 連続で12ヶ月間支払いした場合、12ヶ月前のサブスクリプション開始時点のバージョンの永久fallbackライセンスが付与されます。 月間サブスクリプションを継続し続けた場合、現時点から12ヶ月前のアップグレードおよび更新されたバージョンを、永久fallbackライセンスとして、ご利用になれます。

年間購入の場合:

購入時に利用可能なバージョンの永久fallbackライセンスがすぐに付与されます。 このライセンスでは、1年経ってサブスクリプションをキャンセルすると決めた場合、(購入時点の)バージョンのソフトウェアをご利用し続けられます。

永久fallbackライセンスは、1つの製品、もしくは「All Products」オプションにサブスクライブしている場合にご利用いただけます。

 

永久ライセンスモデルでは(2015年11月2日以前)お客様として製品の永久ライセンスを購入し、新しいバージョンへのアップグレードを別途支払う仕組みでした。

このモデルは、TeamCity、YouTrack、Hub、およびUpsourceに当てはまります。

 

 

156人中112人がこの記事が役に立ったと言っています

Have more questions?

リクエストを送信