オフラインアクティベーションコードで JetBrains IDE を有効化する

JetBrains ソフトウェアのアクティベーションには、JetBrains Account の使用が最も素早く簡単ですが、 これにはインターネット接続が必要となります。 インターネットに接続して IDE を有効にできない場合は、オフラインアクティベーションコードを使用してください。

注意。 オフラインアクティベーションコードは、学生および教職員向けの無料ライセンスではご利用いただけません。 これらの教育向けライセンスを有効にするには、JetBrains Account を使用したオンラインアクティベーションが必要です。

ステップ 1. アクティベーションコードを生成する

  1. JetBrains Accoung にサインインします。
    まだアカウントをお持ちでない場合は、作成方法についてこちらの記事をご覧ください。
  2. ライセンスリストから有効にするライセンスを見つけ、Download activation code for offline usage をクリックします。
  3. これにより、コンピューターに ZIP アーカイブが保存されます。 Downloads フォルダーに移動し、そのアーカイブを解凍します。
  4. 中に 2 つのテキストファイルがあります。それぞれにアクティベーションコードが含まれています。 コードが利用可能な IDE バージョンはファイル名で示されています。 使用しているバージョンに対応するコードを選択してください。

ステップ 2. IDE を有効化する

  1. IDE を開きます。 アクティベーションダイアログがすぐに表示されない場合は、Help(ヘルプ)| Register(登録)に移動し、Activate New License(新しいライセンスの有効化)をクリックします。

  2. Get license from(ライセンスの取得元)セクションで、Activation code(アクティベーションコード)を選択します。

  3. アクティベーションコードが含まれるファイルをダイアログにドラッグアンドドロップするか、コードをコピーして対応するフィールドに貼り付けます。
  4. Activate(有効にする)をクリックします。

    コードフィールドが赤くハイライトされ、Activate(有効化する)ボタンを使用できない場合は、以下を確認してください。
    • 利用している IDE バージョンのコードを使用していること。
    • コードの全部をコピーして貼り付けていること。
  5. 以上です! IDE が有効化されました。 Continue(続行)をクリックして、IDE を使い始めることができます。

 

311人中94人がこの記事が役に立ったと言っています

さらにご質問がございますか?

リクエストを送信