Spcae にはどのようなサブスクリプションオプションがありますか?

Space は、JetBrains が提供するサービスとして利用できます。有償プランはアクティブユーザー当たり1か月930円(年間一括払い)から、FREEプランは、ユーザー数無制限ですべての基本機能をご利用いただけます。

有償プランには4種類あり、以下に説明するリソース、製品機能、サポートオプション、およびその他パラメーターが提供されます。

  • Free

    • 1か月当たり2,000 CIクレジット、10 GBの合計ストレージ、1か月当たり50 GBの合計データ転送
    • 20,000件のメッセージを検索可能
    • 10件のアプリケーションまたは統合
    • 無制限のユーザー数。
    • 永遠に無料!

  • チーム

    • 1か月当たり4,000 CIクレジット、ユーザー当たり10 GBのストレージ、ユーザー当たり1か月50 GBのデータ転送
    • 無制限のメッセージ検索。
    • 20件のアプリケーションまたは統合
    • 無制限のユーザー数。
    • アクティブユーザー当たり1か月8ドル(年間一括払い)、アクティブユーザー当たり1か月10ドル(月払い)

  • 会社・組織名

    • 1か月当たり10,000 CIクレジット、ユーザー当たり25 GBのストレージ、ユーザー当たり1か月125 GBのデータ転送
    • 無制限のアプリケーション、統合、およびメッセージ検索数。
    • 無制限のユーザー数。
    • アクティブユーザー当たり1か月20ドル(年間一括払い)、アクティブユーザー当たり1か月25ドル(月払い)

  • エンタープライズ

    • JetBrains All Products Pack
    • 1か月当たり50,000 CIクレジット、ユーザー当たり100 GBのストレージ、ユーザー当たり1か月500 GBのデータ転送
    • 無制限のアプリケーション、統合、およびメッセージ検索数。
    • 無制限のユーザー数。
    • アクティブユーザー当たり1か月99ドル(年間一括払い)、アクティブユーザー当たり1か月125ドル(月払い)

Space サブスクリプションは、年間払いまたは月払いで提供しています。年間払いでは、1か月当たりの価格から最大20%を自動的に割引いたします。

ほかの通貨での価格は、価格ページをご覧ください。 基本価格は米ドルで表示されています。 ほかの通貨での価格は参考価格であり、大まかな為替レートに基づいて計算されています。 最終的な価格は清算時に提示されますが、JetBrainsは最新の為替レートを使用して提示するため、参考価格とは異なる場合があります。

有償プラン(Team、Organization、Enterprise)では、リソースと有償プランユーザーにオーバードラフトオプションを適用することができます。 そのため、1か月に割り当てられたリソースを超えるリソースを使用し、サブスクリプションに含まれるユーザー数を超えるユーザー数を追加することができます。お支払いは後日請求されます。

現在の追加リソースの価格は次のように設定されています。

  • 10 GBのストレージ = $1.50
  • 10 GBのデータ転送量 = $2.00
  • 1000 CI クレジット = $8.00

リソースはオーバードラフトの精算時に最も近い GB または CI クレジットに四捨五入されます。

提供される機能セットは、サブスクリプションオプションによって異なり、すべてのプランで基本機能をご利用いただけます。価格プランが高いほど、高度な機能が含まれます。 以下は、価格プラン別の機能とサポートオプションの内容です。

Freeプラン Teamプランには
Freeプランの全機能に加え以下が含まれます
Organizationプランには
Teamプランの全機能に加え以下が含まれます
Enterpriseプランには
Organizationプランの全機能に加え以下が含まれます
- チャット
- メンバーのプロファイル、場所、チーム(複合階層を含む)を含むチームディレクトリ
- 欠勤および休暇管理
- 会議管理
- ビルトインのカレンダー
- 社内ブログ
- プロジェクト
- 課題トラッカー
- 課題ボード
- チェックリスト
- プロジェクト文書
- ブログ、文書の共同編集
- Gitホスティング
- オンラインでのコードの参照と編集
- コードレビュー
- マージリクエスト
- Gitリポジトリのミラーリング
- 自動化およびCI/CD
- パッケージ管理
- IDEの統合
- ビルトインの認証モジュール
- Googleカレンダーの統合(個人カレンダー)[planned]
- プライベート会議
- 外部メンバーの会議への参加
- 保護されたGitブランチ
- パッケージリポジトリのミラーリング
- 追加リソースの購入(CIクレジット、ストレージ、データ転送量)
- 追加認証モジュール(Google、GitHub)
- 追加権限管理

- カスタムフィールド(メンバープロファイル、課題内)
- 非公開プロジェクトとリポジトリ
- 複数のプロジェクトにリポジトリ、ブック、ボード、およびその他のエンティティを接続可
- カスタムロール
- カスタムの欠勤タイプ
- 外部カレンダーの統合(Google Workspace/G Suiteカレンダー、Microsoft Office 365/Outlookカレンダー)[planned]
- 会議室の予約
- 文書の非公開ブック[planned]
- 高度な権限編集
- マージリクエストでのクオリティゲート
- GitのPushの制限
- パブリックパッケージリポジトリ
- 複数リポジトリのコードレビュー
- 高度なレポーティング機能[planned]
- データレジデンシー[planned]
- 高度な認証モジュール(Active Directory、SAML 2.0、OAuth2)

 

- 欠勤の承認
- カスタムの場所タイプ[planned]
- 複数のチームフィード[planned]
- SCIM [planned]
- 人事部の欠勤レポート[planned]
- 全社共有のナレッジベース[planned]
- アカウント管理用エンタープライズ機能[planned]
- コンプライアンスのエクスポート[planned]
- 地域間のGitレプリケーション[planned]
- 定期アップグレード
- 初回オンボーディング
- 多年契約

- 2営業日以内のメール対応(初回回答)

- コミュニティサポート

- 1 営業日以内のメール対応(初回回答) - 同営業日のメール対応(初回回答)

- 専属のサクセスマネージャーとアカウントマネージャー

- 電話サポート

 

すべての製品モジュールにおいて、その他のSpace機能にも取り組んでいます(ロードマップを参照) そのため、上記の価格プラン別の内容には、計画されているすべての機能は含まれていません。 リリースの準備が出来次第、該当するサブスクリプションプランに新機能を追加する予定です。

Spaceについての詳細は、機能ページをご覧ください。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Have more questions?

リクエストを送信