2 要素認証を有効にするには?

JetBrains Account の 2 要素認証(2FA)を有効にするには、以下の手順を実行します。

ステップ 1. 2FA をセットアップ

  1. JetBrains Account にサインインします。
  2. ページの上部にある Your account をクリックします。
  3. 右側のメニューから Password を選択します。
  4. ページの Two-factor authentication セクションにある Enable 2FA をクリックします。
  5. セットアップダイアログにパスワードを入力して Next をクリックします。 ステップ 8 で必要となる QR コードが表示されます。
  6. 好みの認証アプリをモバイルデバイスにインストールします。 認証アプリについての詳細は、「2 要素認証 とは?」をご覧ください。
  7. 認証アプリを開いて新しいアカウントを追加します。 ほとんどのアプリの場合、プラスボタンをタップすれば追加できます。 手順がわからない場合は、アプリのメーカーが提供する手順を探してください。
  8. アプリを使用して、セットアップダイアログの QR コードをスキャンします。 コードをスキャンできない場合は、セットアップキーを手動で入力してください。
  9. QR コードのスキャンまたはキーの入力が完了したら、JetBrains Account が認証アプリに保存されます。 アプリに、短い間隔で変化する確認コードが表示されるようになります。
  10. セットアップを完了するには、認証アプリのコードを 2FA セットアップダイアログの対応するフィールドに入力し、Next をクリックします。

ステップ 2. 代替のサインイン方法を保存

あと少しで完了です! アカウントの 2FA が有効化されたので、 リカバリコードを保存して、必要であればアプリのパスコードを保存する必要があります。

リカバリコード

リカバリコードは、モバイルデバイスにアクセスできなくなった場合の安全ネットです。 各コードは、ワンタイム確認コードの代わりに使用できます。 ここでコードを保存しておけば、アカウントからロックアウトされることがありません。

  1. Copy recovery codes または Download as TXT をクリックします。
  2. 自分だけがアクセスできる安全な場所にコードを保管します。 このためには、1PasswordLastPassword などのセキュアアプリを使用することをお勧めします。

それぞれのコードは 1 回しか機能しませんが、新しいセットをいつでも生成できます。 詳細については、「リカバリコードでサインインするには?」をご覧ください。

アプリパスワード

最新バージョンの JetBrains 製品しか使用しないのであれば、この作業は完了です! この時点でセットアップダイアログを閉じることができます。

ただし、2FA に対応していない以前のバージョンの JetBrains 製品を使用している場合には、サインインして有効化するためのアプリパスワードが必要となります。 Copy app password をクリックして、パスワードをクリップボードにコピーします。

製品登録ダイアログに、通常のパスワードの代わりにアプリパスワードを入力します。

このパスワードは一時的なパスワードであるため、保存や記憶させる必要はありません。 新しいアプリパスワードは、いつでも JetBrains Account で取得できます。

製品が 2FA に対応しているのかを調べる方法と、アプリパスワードの詳しい使用方法については、「2 要素認証に対応していない以前の JetBrains 製品を有効化するには?」をご覧ください。

 

2 要素認証 でサインイン

おめでとうございます! JetBrains Account が不正アクセスから保護されました。 次回サインインする際は、認証アプリで生成したワンタイムパスワードの入力が必要となります。

27人中15人がこの記事が役に立ったと言っています

さらにご質問がございますか?

リクエストを送信